岡島パイプ製作所の沿革

1940
昭和15年4月
愛知県知多郡横須賀町(現東海市)にて自転車用アセチレンガス溶接鋼管の製造販売を開始
1952
昭和27年1月
資本金100万円で株式会社岡島パイプ製作所を設立
1962
昭和37年8月
米国サマーツール社製の高周波抵抗溶接機をわが国で初めて購入
1968
昭和43年12月
愛知県知多郡東浦町に土地25,000m2を購入、東浦第二工場3、4号棟(3,500m2)を建設、造管機5台、引抜機2台を稼働
1969
昭和44年1月
西独キーザリング社製の自動引抜機をわが国で初めて輸入
1972
昭和47年5月
第二工場2号棟(1,700m2)を建設、造管機3台を増設
1980
昭和55年3月
第三工場1号棟(2,200m2)を建設、引抜機3台を移設、パイプ工場として操業開始
1982
昭和57年1月
パイプ・イン・コイル(PIC)生産開始
1982
昭和57年4月
旧1号機を廃止し、新1号機に更新
1983
昭和58年8月
第二工場1号棟(1,400m2)を増設、スリッターライン1台設置、同時に第二事務所(200m2)を建設
1985
昭和60年11月
第三工場2号棟(1,513m2)を建設
1986
昭和61年11月
社員会館(OP会館)(946m2)を建設
1987
昭和62年10月
旧2号機を廃止し、新2号機に更新
1988
昭和63年9月
ハイ・ニッケル鋼・ステンレス鋼の専用機を設置
1989
平成元年11月
タイ(バンコック)に造管工場を設立
(Top Tube Manufacturing. Co.,Ltd)
1990
平成2年10月
小径肉薄PIC(PIPE IN COIL)造管機導入
1991
平成3年5月
立体自動倉庫(1,300m2)を建設
1992
平成4年7月
ステンレス鋼の2号専用機を設置
1993
平成5年4月
独身寮(グリーンハイツ)を建設
1994
平成6年1月
伊CSM社製のステンレス鋼専用機を設置
1997
平成9年4月
第一工場(4,300m2)を建設、自家用発電機(1950kw)営業運転開始
1997
平成9年8月
第一工場に造管機2台を移設、稼働
1998
平成10年12月
第三工場ハイ・ニッケル、ステンレス鋼専用機1台を伊CSM社製ミルに更新
2002
平成14年1月
「第35回中小企業研究センター賞(現「グッドカンパニー大賞」)・特別奨励賞」を受賞
2002
平成14年11月
第一工場に10号造管機を設置
2003
平成15年10月
第三工場ステンレス鋼専用機を設置
2003
平成15年12月
東浦工場がISO9001の認証を取得
2004
平成16年5月
7号造管機を移設、稼動
2004
平成16年8月
ステンレス鋼の専用機を設置
2005
平成17年6月
第二工場に11号造管機を設置
2006
平成18年4月
経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社」に選出
2007
平成19年10月
本社および東浦工場がISO14001の認証を取得
2008
平成20年4月
無酸化焼鈍炉の更新
2009
平成21年1月
新駐車場及び導入道路完成
2010
平成22年9月
第四工場を建設
2013
平成25年11月
インドネシアに会社を設立
(PT. TOP TUBE INDONESIA)
岡島パイプの会社概要・主要取引先 岡島パイプ製作所の沿革 岡島パイプへの交通のご案内